*

なんでも美味しく食べる方法。テクニック・マナー・健康など

   

食事を美味しく摂る、3つの基本ルール

美味しく食べる基本には、以下の3つの側面が必要です。

  1. ① 食事を美味しく食べるため、食事を美味しく見せるテクニックの基本
  2. ② 食事を美味しくたべるため、食事の際のマナーの基本
  3. ③ 食事を美味しく食べるため、食べる人の健康を管理する基本

 

① 食事を美味しく食べるため、食事を美味しく見せるテクニックの基本

食事を美味しく見せるテクニックの基本は、「味覚」「嗅覚」「視覚」が大きく影響します。

特に視覚は、「美味しそう」と感じることによって脳にインパクトを与えるので、食事の盛り付けや、色合い、器、飾りなど上手に使うことで美味しさを演出することが出来ます。

 

美味しく食べるための、料理の盛り付けのコツ

食事の盛り付けをする際に気を付けるポイントは、盛り付ける高さと盛り付けの量です。

 

料理は、器に合わせて盛る高さを変えると料理のバランスがうまく取れるので、料理全体の美しさを整えてくれます。

てんぷらやパスタなどは、お皿の中心に盛り付けて料理の中心を高く盛り上げることで(器に三角形をつくるイメージで盛り付ける)、立体的な効果が得られるので美味しそうな見た目になります。

 

そして料理を盛り付ける量ですが、お皿の中心に料理を盛ったときお皿の余白が重要な役割になります。

お皿の余白が多いと、上品なイメージを与えます。

パーティーなど大人数が集まるときには、お皿いっぱいに料理を盛り付けることで余白を無くし賑やかで豪華な印象を与えます。

小鉢のような小さなお皿は、器に対し7分目の量を盛り付けると、上品で整った料理のイメージを与えます。

料理の色合い:器や野菜の色など

料理の色合い、器、飾りつけはそれぞれが深く関わりあって、料理にアレンジを加えてくれるテクニックとなります。

 

有名な美食家が「器は料理の着物なり」という言葉を残しています。

いい器や料理にあった器を使うことで、料理の美味しさを演出でき、食べる人の目を楽しませてくれます。

料理を食べるという行為が、ただ美味しいものをたべるといことではなく、楽しみながら味わえるので気分がよくなるのです。

また、気分が良いとさらに料理が大変おいしく感じます。

 

 

このように、料理に適したサイズや質感や色、模様など器の使い方ひとつで料理の出来栄えにおおきな影響を与えます。

見た目に影響を与える色合いは、主に赤・緑・黄で、それらの緑黄色野菜を上手に取り入れることでバランスのとれた栄養価の高い食事になります。

また料理を食べるときにでる湯気は、出来立ての温かさの印象を与えて料理を何倍もおいしそうに引き立てる役割を果たします。

食べることで幸せな気分にさせてくれる料理は、人間の脳を刺激し幸福感を与えてくれるのです。

スポンサードリンク

 

② 食事を美味しくたべるため、食事の際のマナーの基本

食事をするときのマナーは家族の食卓から学ぶものが多く、家族で一緒に席に座って食事をすることで対話ができコミュニケーションも学ぶことが出来ます。

忙しさで家族がバラバラに食事することは、子供の箸の持ち方など親から学ぶべき時間を逃してしまいます。

家族がそろって「いただきます」「ごちそうさま」をみんなで言うことで、家族のコミュニケーションが学べます。

誰かと一緒に食事をとることの楽しさを味わえることが大切です。

 

食事をするときに、テレビやスマートフォンなど食事を阻害するような行為は禁物です。

誰かがそのような行為をしていると、周りの人もがっかりして話をしなくなります。

話をしなくなると、一緒に食べる意味さえ分からなくなります。

まさに、一緒に食事をしても楽しくないのです。

 

どんなに美味しい食事をだされても、楽しい雰囲気がないと美味しく感じられません。

料理を台無しにしてしまうのです。

食事は、みんなで揃って「いただきます」や「ごちそうさま」のあいさつをして終えることで、1つのイベントになります。

誰かが揃わないと食事が出来なので、相手を心配しほかの人の食事のペースをみながら相手を思いやることが出来ます。

 

また、家族と食事をすることで、家族が栄養バランスが取れているかを目で見て確認できます。

野菜を残していないか、好き嫌いをしていないかなど摂食したものがわかるのでメニューが作りやすくなることもあります。

 

➂ 食事を美味しく食べるため、食べる人の健康を管理する基本

食事を美味しく食べるためには、食べる人が美味しいと感じられる体作りをする必要があります。

 

病気になると食事をとるうえで、塩分や糖分の制限がされてしまいます。

カロリーが管理された食事は、健康になるためのものなので健康な人にはおいしそうに思えません。

病気のなかでもうつ病になると、食事に対する意欲が薄れ食事なんてどうでもよいことになりがちです。

 

しかし、目で見て美味しい食事は、脳に刺激を与えてくれます。

食べたいという欲求や食べた時の満足感が脳に幸福感を与えてくれるので、食べる側の健康管理はとても大切になります。

たくさん運動して頑張った後に食事をとると、ご褒美のように感じて食事をさらに美味しく感じることが出来ます。

健康な人は、食事を美味しく食べるために運動でカロリーを消費して空腹感を高めることも必要です。

 

おわりに

以上3つが、食事をなんでも美味しく食べるための、基本ルールでした。

食事は睡眠と同じで、生きていくうえで一生付き合わなければならないものです。

どうせなら、美味しく食べたほうが得だと思うので、ぜひ意識していただきたいと思います。

スポンサードリンク

この記事を、お友達にも紹介していただけませんか?

以下のソーシャルボタンを押して、お友達などにも紹介してもらえると嬉しいです(*´ч`*)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

スポンサードリンク

 - 食事&ダイエットの基本ルール

  関連記事

no image
ダイエットの基本知識まとめ 食事と運動のルールを知ろう

そもそもダイエットとは? ダイエットとは、美しくそして健康的な体づくりができるよ …

avocado02
今度は「アボカドオイル」!効能と使い方。顔や髪にもOK

話題の「アボカドオイル」 最近、ココナッツオイルやホホバオイルなど、美容に良い効 …

http://www.conveniice.com/archives/21411.html
11月18日は「雪見だいふくの日」!アレンジで楽しもう♡

11月18日は雪見だいふくの日♡ 今日は雪見だいふくの日だって知っていましたか? …

DSC_0571_1
「いきなりステーキ」でガッツリ食べよう!メニューやいきなりステーキの楽しみ方をご紹介します

「いきなりステーキ」でガッツリ食べよう! いきなりステーキというお店をご存知です …

食中毒
横浜マークイズの猛毒展2015が始まった!+食中毒の予防対策

横浜マークイズの猛毒展2015が始まった! 今年も始まりました、横浜マークイズの …