カップヌードル

カップヌードルの謎肉の正体とは

日清食品が4月下旬より「カップヌードル」と「カップヌードル ビッグ」をリニューアルすることを発表しました。

そして、話題の「謎肉」が復活すると話題になっています。

 

謎肉と聞いただけでは、食べたことのない人はどんなお肉なのか想像がつきません。

まさにミステリアスなお肉です。

謎肉は、6年前の使用を最後にそれ以来具材として使用されることはありませんでした。

 

謎肉の正体はダイズミンチ?

謎肉の正体はというと、味付けした豚肉と野菜などを混合してフリーズドライ加工したダイズミンチと呼ばれるものです。

レシピや詳細が分からないため、ファンの間では謎肉とよばれるようになりました。

 

2009年から謎肉からコロ・チャー(下味をつけた豚肉を加熱したチャーシューをコロッとした形状にカットしフリーズドライ加工したもの)に切り替わった際も、ネットで謎肉を惜しむ声が多く寄せられていました。

スポンサードリンク

復活に歓喜の声

ダイズミンチの復活が決まってから、ネット上では歓迎のムードとなっています。

最も売れているレギュラー商品での復活で、ダイズミンチとコロ・チャーの両方が入るお得感が味わえます。

 

具材の選択には、消費者調査を実施した結果をもとに両方はいったものが最も評価が高かったという結果から改良されたそうです。

発売を待ち望んでいる人たちは、謎肉の復活されたカップヌードルを昔の味を思い出しながら味わえることでしょう。

初めて食する人は、謎肉がいったいどんな味かを楽しみながら食べてほしいと思います。

 

謎肉の作り方

謎肉は材料が豚肉と野菜をミンチしたものです。

混ぜ合わせることでチャーシューの味に近づけることができます。

 

混ぜ合わせたものをフリーズ加工するので水分が一気に抜ける状態となりますが、家ではなかなかフリーズ加工できません。

なので、家庭で完全に謎肉を再現するには、日清食品からの正確なレシピの発表とフリーズ加工の機械がないとできません。

素材はいわゆる企業秘密となっているので、自分でオリジナルのレシピを見つけ出すのも楽しいかもしれません。