苺カレー

年末年始になると、店頭に赤い宝石が並びます。

その宝石とは、イチゴです(^-^)

 

ショートケーキやタルトなどに一粒のっているだけで、商品価値がアップします。

さらに、商品に輝きを与えてくれるイチゴは、甘い香りと甘酸っぱさが味わえる上品なスイーツです。

そして、そんなイチゴを使って一風変わった料理が味わえる場所があります。

宮城県亘理郡山元町にある「ベリベリーラボ」です。

 

berryverylabo出典:berryverylaboーhttp://berryverylabo.com/

 

宮城県亘理郡山元町にある「ベリベリーラボ」とは?

県内でも有数なイチゴの産地で、東日本大震災から被災した農家が集まって農園の会社を設立し、農園内にあるカフェが「ベリベリーラボ」です。

カフェ以外にも、イチゴの直売所があり朝摘んだばかりのイチゴが販売されています。

鮮度が抜群の直売所では、イチゴ以外にもクッキーやスコーンなどのお菓子やジャムなどの加工品を販売しています。

 

「ベリーベリーラボ」では、新鮮なイチゴの味わいを楽しめるだけではなく、イチゴの採れなくなる季節にも楽しめるよう、イチゴを使った料理やイチゴを使ったワインなど、イチゴをメインとしているメニューが楽しめます。

そして、特に目を引くメニューが「苺カレー」です。

スポンサードリンク

 

苺カレーとは?

イチゴとカレーという、全く別物の食べ物をどのようにしてコラボレーションしているのか大変興味がありますよね。

苺もカレーも味が強いので、味が喧嘩してしまうのではないかと少々心配でもあります。

しかし、カレーに使用するイチゴはピューレ状なので、カレーに溶け込んだイチゴの甘い香りが味わえるようです。

苺カレー出典:http://blog.kahoku.co.jp/shokuweb/vam/2014/10/_by.html

 

デザート感覚で味わうイチゴと、主食として味わうイチゴといろんな楽しみ方ができるカフェでは、ほかにも「いちごピザ」など目を引き付けるメニューがあります。

いちごの奥深さをしるには、一度訪れてみる価値はあります。

 

レトルトもあるよ!

「ベリーベリーラボ」までは、ちょっと遠くて無理という方のために苺カレーのレトルト商品があります。

イチゴの名産地である栃木県の「とちおとめ」を使った「いちごのカレー」は、イチゴの甘酸っぱさをカレーがまろやかにつつみあげ口当たりよく仕上げてあります。

レトルトなので作り方も簡単で、普段のカレーにちょっとアクセントをつけてみたいと思った人はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

 

詳しくは、以下よりどうぞ!