腎臓 痛い

健康には塩分・タンパク質の摂りすぎに注意!

ツヤツヤのお肌、さらさらの髪の毛…憧れちゃいますよね♪

こんな健康的な美しさを作るのはやはり食事から!

 

「体は、食べたものでできている」との言葉通り、理想的な体作りの為にはいろんな栄養素をバランスよく摂ることが大切です。

特に最近、ダイエット中は不足しがちな塩分やタンパク質を積極的に摂ることが新しい常識になっていますね。

 

でもちょっと待って!

 

塩分やタンパク質を控えすぎるのも問題ですが、摂り過ぎにもまた注意が必要です。

この2つを摂りすぎると、ある内蔵のコワ〜い病気を引き起こすことになりかねないんです!

腎臓 痛い出典:http://www.pref.kagoshima.jp/ae06/ckd.html

その内蔵とはズバリ「腎臓」

腎臓は左右対称に2つある、そらまめの形をしたコブシくらいの大きさの内蔵です。

体の中の老廃物の排出や、血圧の調整などの大切な役割を担っています。

 

尿を作っている内蔵として認識している方も少なくないのではないでしょうか。

塩分やタンパク質を摂りすぎると、この腎臓がうまく機能しなくなり、老廃物が体の中に溜まってしまったり、逆に体に必要な成分が出て行ってしまったりするんです!

そして腎臓がキチンと働かなくなると、全身の内蔵に影響が表れ、様々な症状を引き起こすこともあります。

つまり塩分やタンパク質の摂り過ぎは、全身に悪影響が出る可能性があるということです。

スポンサードリンク

尿量のチェックで異常に気づこう!

腎臓は肝臓と同じく「沈黙の臓器」と呼ばれ、病気が進行する際でさえも痛みを伴うなどの自覚症状はほとんど見られません。

無症状のまま10年以上も病気の進行がすすんでいたという、怖いケースも少なくないようです。

 

新たな国民病と言われる慢性腎臓病は、なんと成人の8人に1人はかかっていると言われています!

そのため、腎臓の異常に気付く為にはセルフチェックが欠かせません!

 

いちばん手軽なセルフチェックはズバリ「尿量の確認」です。

いつもより多過ぎたり、逆に少な過ぎたりする場合はすぐに病院で相談しましょう。

体の異変に気がつく為には、普段から自分の体を知っておくことが何より大切です。

毎日のセルフチェックで、病気を未然に防いじゃいましょう!