御徒町「羊香味坊」はパクチー&ラムの楽園♪5000円で楽しめる

ラムとパクチーが好きな人集合!

パクチーは、独特な香りによって好き嫌いが分かれるものです。最近はパクチーが好きな人が集まるお店が増えているのですが、羊香味坊ならパクチーが思う存分楽しめます。

中華料理店なので、独特な食べ方もあるため、パクチー好きには是非足を運んでもらいたいお店です。

また、ラムも取り扱っていて、香り物が好きな人には堪らないお店です!孤独のグルメでも紹介されたお店なので、ご紹介します!

スポンサードリンク

新しいラムの食べ方がある!

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13200566/dtlphotolst/1/smp2/
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13200566/dtlphotolst/1/smp2/

これはパクチーサラダです。キュウリと青唐辛子でぴりっと辛く、アクセントのあるサラダになっています。中華独特の味付けなので、ついつい食べてしまう料理です。

 

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13200566/dtlphotolst/1/smp2/
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13200566/dtlphotolst/1/smp2/

ラムのスペアリブなど、肉厚のラムが楽しめます!

ラム串五本セット@1,000
羊串焼きは色々な種類が試せるセットで注文。
手前からラムショルダー、ラムショルダー・キノコ、ラムランプ・長芋、
ラムレバ網油包み、ラムネックです。
個人的には、間に長芋やキノコを挟んだものより、ラム肉単体の串が好み。
中でも特に美味しいなあと気にいったのが、ネックとラムレバ。
どちらも単品注文の場合、2本セットで500円(ネック)と400円(ラムレバ)
という価格設定で、ひと串あたりで考えると250円と200円。いいお値段ですが、
肉は上質でクミンの風味に押されないラム肉本来の力強さがあるのです。

出典 https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13200566/dtlrvwlst/B233211866/?lid=tabelog_pickup_review

店舗情報

店名:羊香味坊 (ヤンシャンアジボウ)

住所:東京都台東区上野3-12-6

電話番号:03-6803-0168

営業時間:[月~金]7:30~9:30 11:30~23:00(L.O)

[土・日・祝]13:00~22:00(L.O)

定休日:無休

ぜひ、足を運んでみてください♪