沖縄「黄金芋」とは?さつまいもよりも甘い黄金芋について

黄金芋、とは?

沖縄県で栽培されている「黄金芋」とは、いったいどんなものなのでしょうか。

51e46bac (1)

出典 ブログ「沖縄・食・農・南」 http://bansyo.livedoor.biz/archives/1144051.html

 

見た目はさつまいもに近いように見えますが、さつまいもとはどう違うのでしょうか。

さつまいもはどちらかというと「緑色」に近い色をしていますが、「オレンジ色」のようなものが黄金芋と呼ぶそうです。

また、この黄金芋は沖縄県で栽培しているそうです。

 

今回はこの、「黄金芋」についてご紹介してきます。

 

スポンサードリンク

 

黄金芋

その名も黄金イモ。コガネイモではなく、オウゴンイモと読む。

沖縄本島中部の東側にある伊計島が主な産地だ。黄色というよりもややオレンジがかった色をしている。

アメリカなどにもオレンジ色のサツマイモがあるが、あれは甘味がほとんどなく、砂糖を入れて煮ないと食べられない。

しっかりした甘味のある黄金イモとは全く違う。

一方、オレンジ色のサツマイモは品種改良でカロチンを強化したものが多い。黄金イモもカロチンの含有量が高そうだ。

出典 ブログ「沖縄・食・農・南」 http://bansyo.livedoor.biz/archives/1144051.html

 

黄金芋は、黄色いさつまいも同様、カロテンが多いそうです。

 

気になる味ですが、さつまいもを蒸すと、「ほくほく」という触感が擬音として一番合うのですが、

黄金芋はどちらかというと「ねっとり」しているそうです。

黄金芋は水分量がとても多い芋なのだとか。

 

また、さつまいもで気になる繊維もほとんどなく口当たりは柔らかいそうです。

甘さもしっかりとしているので「食べてみたらお菓子みたい」とも言われているそうです。

 

どんな食べ方があるの?

クックパッドで調べたところ、クッキーやスイートポテトなど、さつまいもと同じように作られているようです。

スムージーなどは繊維がないのでとても飲みやすいようです。

 

2e14f441

つぶした黄金イモにイモでんぷんと砂糖を加えて、モチにする。

イモの味にモチの食感が合わさった素朴なおやつ。

海の駅で販売しているが、なかなかの人気商品で、ほとんど毎日にように完売している。

でんぷんと混ぜてから薄くスライスして油で揚げた「フチャフチャ」も人気。こちらはうっすらと甘い黄金イモチップだ。

出典 ブログ「沖縄・食・農・南」 http://bansyo.livedoor.biz/archives/1144051.html

 

沖縄の人は、もちにしているそうです!うーん、美味しそう。

 

是非、黄金芋は沖縄で食べてみてください♪