バタ貝(ヒオウギ貝)とは?食べ方と簡単レシピをご紹介

バタ貝って?

バタ貝という貝を知っていますか?

正式名称は「ヒオウギ貝」というそうで、バタ貝は通称のようです。

ダウンロード

出典 Amazon http://www.amazon.co.jp/dp/B00EXJ4E2E?tag=maftracking80695-22&linkCode=ure&creative=6339

このカラフルな貝がバタ貝なのです!あまりに綺麗な色に、本当に食べられるの・・・?と思いますよね。

もちろん、食べられるんです!

今回はこのバタ貝をご紹介します。

スポンサードリンク

 

ヒオウギ貝はどんな貝なの?

ヒオウギガイは、二枚貝綱イタヤガイ目イタヤガイ科の1種。

食用になる貝で、アッパガイ、バタバタ、チョウタロウ、虹色貝などの別名、緋扇貝の表記がある。

ホタテガイと同じイタヤガイ科であるが、岩礁に足糸によって強固に固着しているため、

危険が迫ってもホタテガイやイタヤガイなど砂泥底生のイタヤガイ科の貝と同じように、

二枚の貝殻を開閉し水流を起こし泳いで逃避することはない。

出典 Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/ヒオウギガイ

形もホタテにどことなく似ていると思いましたが、ホタテと同じ科の貝のようです。

同じように焼いて食べることができるそうですよ!

三重県、島根県、愛媛県、高知県、大分県、熊本県でとることができるようです。

大きさはおよそ10cm程度のようです。

 

どうやって食べるの?

ホタテと同じように網焼きにしたりするのが定番のようです。BBQでこんなにカラフルな貝があれば、盛り上がること間違いないですね!

網焼きで塩コショウでも美味しいでしょうし、バターなどを付けてみるのも美味しいかもしれません。

その時は、「バタ貝だけに♪」という洒落を忘れずに。

 

気になる味ですが、調べてみたところ、

・ホタテと似たような味

・ホタテよりも少し小さいので、その分美味しい

などの意見がありました。

 

レシピを調べてみましたが、「バタ貝のワイン煮」「バタ貝のステーキ」「バタ貝のグラタン」など、どちらかというとなんでもアリという印象を受けました。

貝ですから、出汁もきっと美味しいですよ!

是非、取り寄せてみてください!