「りんご飴専門店」新宿、梅田で本格りんご飴が食べられる!

りんご飴専門店が登場!

紅茶専門店、コーヒー専門店、揚げ物専門店・・・プチ贅沢が流行になってから、こういった専門店で本格的なものを味わおうという動きがありますよね。

なんと、「りんご飴専門店」が登場したのです!

りんご飴と言えば、お祭りの屋台などで取り扱っている、りんごを砂糖でコーティングしたもののことです。

外側が硬く、中はボソボソのりんご・・・と思っている人はいませんか?

今回は、りんご専門店がどういうものなのか、どういったものが食べられるのかをご紹介します。

 

そもそもりんご飴とは

そもそも、りんご飴とはなんなのでしょうか。知らない人のためにもご紹介します。

280px-Pommes_d_amour

日本ではりんご飴と呼び、もっぱら縁日などの祭事会場で売られるものであり、日常的に食されることはない。

砂糖と水を火にかけ、砂糖が溶けてきたところで食紅を入れて赤や緑などの色をつける。

とろみが出てきたら割り箸を刺したリンゴを入れ、飴を回しつける。

リンゴを下にして銅板やフライパンなどに置いて冷まし、飴が固まったら完成である(飴自体は一種の鼈甲飴といえる)。

雨の日は飴が湿気を帯びてべたつくため、作るのが難しい。

イチゴ、ブドウ、ミカンなど、様々なものを用いた商品が売られている。

出典 Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/りんご飴

りんご飴は自宅でも作ることが可能なものなので、作ってみるのもよいかもしれません。

 

これがりんご飴専門店だ!

rankingshare-67d6478095ab11e499c906e0b9b52e4f02014c3234f12bb123

出典 NEVERまとめ http://matome.naver.jp/odai/2142527015873186101

これは今まで見てきたりんご飴とは違いますよね。りんご飴専門店では種類豊富のりんご飴が味わえるのです。

そもそも、りんご飴専門店ではどのようなりんご飴を取り扱っているか気になりますね。

・外側のコーティングを選ぶことが出来る

・通常のりんごを使っているため屋台のものより大きめ

・フォークとナイフで頂きます

上記3点のようなりんご飴が食べられるのです。興味深いですね!

 

どこで食べられるの?

どこにでもあるわけではないので、行く際はお店の場所をよく確認していってみてください。

ポムダムールトーキョー

〒160-0022 東京都新宿区新宿5丁目9 KIビル

 

ROCKY MOUNTAIN CHOCOLATE FACTORY 阪急32番街店

大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル 1F

 

エキマルシェ

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3−1−1

 

今までのりんご飴の常識が覆されますので、是非食べてみてください。