「焼きヨーグルト」の触感は?味は?トースターを使った簡単作り方・レシピ

焼きヨーグルト!?

10963865_1388876648088247_46213770_n

出典 Locali  https://locari.jp/posts/16873

いま話題になっている「焼きヨーグルト」をご存知ですか?

クックパットというレシピ投稿サイトから発信されたメニューなのですが、そもそも、なぜヨーグルトを焼くのか疑問ですよね。

上に載せた写真ですが、パンの上に載っているのは「焼きヨーグルト」なのです。

チーズのようだ、と思ったひともいるのではないでしょうか。そうなのです!ヨーグルトを焼くとなんとチーズに味がそっくりになるのです!!

あまりに優秀な味に、多くの人がレシピを載せているのです!

今回は、この焼きヨーグルトについてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

ヨーグルトを焼くとチーズになる!

mobile_cheese_mozzarella

出典 Locali  https://locari.jp/posts/16873

そもそも、何故ヨーグルトを焼くのか?と思いませんか。チーズは市販で売っているし・・・

でも、チーズは高いですよね。また、自宅にストックがない場合も!

そんなときにヨーグルトを焼いてチーズにしてしまえばいい!ということなんだそうです。

量で比べても、チーズの半分の値段でヨーグルトが買えるので、節約料理にも!

 

触感や味は?

気になるのが、本当にヨーグルトを焼くだけでチーズに近い味になるのか?ということです。

脂肪0のヨーグルトを使うと、パサパサしてしまうそうですが、普通に脂肪が含まれているヨーグルトであればチーズとほぼ同じ触感のものが作れるとか。

また、ヨーグルトをそのまま焼いてしまうと、少し酸味が出てきてしまうようなので、は砂糖を少し入れればヨーグルトっぽい味が気にならなくなるそうです。

レシピに書かれているチーズの味を確認してから作ると、失敗しなくてすみますよ!

 

トースターでつくる簡単レシピ

<レシピ>

・プレーンヨーグルト ・・・ 200g

・砂糖 ・・・ 大さじ1

・耐熱容器(オーブンに入るサイズのもの)

 

<作り方>

①耐熱容器にヨーグルトと砂糖を加え、しっかりと混ぜる。砂糖がダマにならないように気を付ける

②170℃ほどに温めたトースターで20分ほど温める。※温度が出ない場合は時間を多くかけましょう

 

<ポイント>

・中に空気が入ってしまうとカッテージチーズのようにぼろぼろになってしまいます。表面にヒビが入ったときは中に空気が入りやすいので注意です。

・ヨーグルトはよく水切りをしてから作ると上手に作れます。

 

簡単に作れますし、チーズは料理にもよく使えるものです。ぜひ一度試してみて胚芽かでしょうか。