関西千とせ「肉吸い」が斬新!食べ方や値段をご紹介!

「肉吸い」ってなに?

関西の千とせというお店から発信された「肉吸い」が話題になり過ぎて、上京までしているそうです。

そもそも、「肉吸い」って?と思う人もいるはず。

肉吸いとは、簡単に言うと肉うどんのうどんを抜いたものだそうです。

肉うどんからうどんをぬく!?

それがこちら!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典 ROCKET NEWS http://rocketnews24.com/2015/01/05/529900/

こんな斬新な料理が、関西から上京してきたのだと思うと気になりますよね。

今回は、この肉吸いについてご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

肉吸いって、どういうものなの?

千とせさんのHPで説明を見てきました!

当店発祥の”肉吸い”は肉うどんのうどんのかわりに半熟玉子を加えたものです。

かつおをうるめのブレンドベースのシンプルな出汁に、少し甘めのたっぷり牛肉と半熟卵、

刻んだ青ネギを一緒に味わって頂きます。またお好みで豆腐を入れてただくと更においしさの幅が広がります。

一度食べたらクセになる味。当店自慢の肉吸いを是非一度ご賞味ください。
通称”小玉”

千とせでは”小ごはん”に生卵を落とした玉子かけごはんの事を「小玉」と呼んでいます。

厳選した醤油に出汁を加えたオリジナルの”玉子かけごはん専用醤油”をかけてお召し上がりください。

出典 千とせ http://www.chitose-nikusui.com/

肉吸いと小玉と呼ばれる玉子かけごはんを一緒に食べるのが通だとか。

もともとは、花紀京という芸人さんが二日酔いで千とせさんを訪れ、「肉うどん、うどん抜き」という注文をして生まれたと言います。

また、この肉吸いを頼んで、店長に名前を覚えてもらえた芸人は売れる、という逸話まであるようで、芸人さんをはじめとする関西の人に愛されている一品なのです。

 

どうやって食べるの?

肉吸いだけで食べてもOK!、肉吸いに小玉をセットにして、肉吸いの出汁をかけて食べるのもよし!

食べ方に決まりはないものの、かなりのバリエーションがあります。

ちなみに値段は650円と安価!

何杯でも食べられる!という意見が多い肉吸いは、あっさり味で、癖になる!

是非一度、足を運んでみてほしいです。

 

 

店名:千とせ(ちとせ)

住所:大阪府大阪市中央区難波千日前8-1

時間:10:30~14:30(売り切れ次第終了)

休日:火曜日