シェーブルチーズとは?種類と食べ方、レシピをご紹介

シェーブルチーズ!

少し前に、「ラクレット」についてご紹介しましたが、シェーブルチーズなるものが話題になっています。

シェーブルチーズとはどのようなものなのかご存知ですか?

00413-150x126

出典 世界のチーズ専門店 https://www.order-cheese.com/user_data/chevre.php

「シェーブル」はフランス語で「ヤギ」という意味で、シェーブルチーズはヤギのミルクで出来たチーズなのです。

牛乳から作られるチーズよりも、古くから伝わっていて愛されていると言います。

今回は、このシェーブルチーズの食べ方をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

シェーブルチーズの種類

ヤギのミルクを飲んだことはありますか?牛乳を飲みなれている我々には少しクセの強いミルクです。

慣れてしまうとヤギミルクのほうが良いという人もいますが、もちろんチーズもその特性が出ています。

組織はやわらかく、山羊特有の強い個性のある風味で、初心者にはちょっとハードルが高いチーズですが、やみつきになる人も多いとか。

なお、このタイプのチーズの特長は、作りたてから完熟するまで、どの状態でもそのときどきのおいしさが楽しめること。

シェーブルには、黒い炭のついたもの、そのまま熟成させたもの、白カビを表皮に植え付けたものがありますが、その種類によって熟成の度合いも異なります。

出典 雪印メグミルク https://www.meg-snow.com/cheeseclub/knowledge/jiten/shurui/chevre/

このチーズにも種類があります。

 

ヴァランセ

チーズの表面に灰がまぶしてある四角錐の形をした独特のチーズ。まぶしてある灰がチーズの酸味を抑えまろやかな味になっています。

熟成を進めていくと、グレーや黒色になっていきます。

春に作られるチーズなので、秋口に食べるのが美味しいと言われています。

 

クロタン・ド・シャヴィニョル

シェーブルチーズの中で一番人気とされているチーズです。ヤギミルクの独特の発酵臭があるので、初心者にはおすすめではありません。

ワインと一緒にチーズをよく食べている人は美味しく食べられるかもしれません。

 

サント・モール・ド・トゥレーヌ

白くやわらかなチーズです。熟成させていくと水分が抜けていき少し硬くなっていきます。

長い円筒状の形のチーズです。

 

食べ方!

シェーブルチーズのおすすめの食べ方をご紹介します!

①そのままワインと一緒に!

そのままのおつまみにして食べるのも美味しいです。独特の風味がおつまみとしては上質です!

②トーストに乗せて

トーストに乗せて食べるのもチーズの美味しい食べ方。ジャムなどと一緒に乗せると美味しいです。

③フルーツやサラダに

フルーツやサラダと相性がよいのが特徴。サラダに乗せてもOK、フルーツと一緒に食べるのも美味しいです!

サラダの上にトーストを乗せるサラダが、クックパットで話題になっているので、おすすめです。

 

まとめ

シェーブルチーズは独特の味わいですが、慣れてしまうとハマってしまう人が多いと言います。

ワイン好きや、チーズ好きにおすすめしたいチーズです。