浅草 舟和「あんこ玉」が絶品!種類、取扱い店舗、お取り寄せについて

舟和「あんこ玉」

浅草にある株式会社舟和が作り出す「あんこ玉」が話題になっています。

舟和さんは、明治35年に創業した老舗中の老舗!昔から浅草の下町で愛されたのは、ようかんと、このカラフルなあんこ玉です。

ankotama2011

1個まるごとあんこのお菓子。甘みをおさえた自然な風味。

あんをくるんだ寒天が、ぷちっと弾けて転がります。

お味のご紹介

小豆、白いんげん、抹茶、苺、みかん、珈琲の6つの味をお楽しみ下さい。

出典 舟和 http://funawa.jp/shop/item_list?category_id=66264

今回は、このあんこ玉についてご紹介します!

 

スポンサードリンク

 

舟和の和菓子

舟和さんで取り扱っているのはあんこ玉だけではありません。もともとは、さつまいもをたっぷりと使った芋ようかんで有名なお店です。

浅草寿町で、芋問屋を営んでいた創業者小林和助が、同じく浅草の和菓子職人だった石川定吉さんと共に、

当時は高価で庶民の口に入らなかった煉ようかんの代わりに、身近なさつま芋を使い、芋の研究から始まって、蒸し方や、砂糖の量など研鑽し、完成したのが芋ようかんです。 

明治35年(1902年)に現本店所在地東京都台東区浅草1丁目22番10号に羊かん司「舟和」として、

芋ようかん、あんこ玉、栗むしようかん、煉ようかんを販売する店として開店致しました。

出典 舟和 http://funawa.jp/shop/contents?contents_id=51410

芋ようかん・あんこ玉のほかに、みつ豆・久寿もち・すぐれもん・パイ・人形焼・浅草ぽてと・黄金色の芋金貨など、幅広く取り扱っています。

 

お土産にも最適

舟和さんの商品の強みとして、「見た目」が綺麗というものがあります。

写真を載せた通り、とても可愛らしいカラフルなあんこ玉。一色でよくまざった芋ようかん。すべてがオシャレに、綺麗に並べられています。

そのため、お土産などに持っていくにも恥ずかしくない商品なのです。

どちらかというと、そういう方面で食べられることが多い商品かもしれません。

 

取扱い店舗・お取り寄せ

浅草本店を中心に、東京に店舗をいくつも構えています。また、埼玉県の大宮駅ルミネなどにも出店しているので、手に入れやすい店舗を調べると良いかもしれません。

店舗一覧:コチラ

 

また、オンラインショップでの取り寄せも可能です。→コチラ

是非一度、こだわりの味を堪能してみてください!