7月が旬!「車エビ」は健康食材!?塩焼きのレシピなど

車エビは6月から8月が旬!

車エビを自宅で調理しているひとは意外と少ないのではないでしょうか?

殻を向くのが面倒、調理方法がわからない、車エビじゃなくても・・・いろいろな理由があると思います。

 

知られていませんが、車エビの旬は6月から8月なのです。7月の車エビは旬の新鮮なものが多いため、是非食べてほしいものなのです!

簡単な調理方法としては塩焼きがおすすめです!

 

kurumaebisioyakiyoko

出典 白ごはん.com http://www.sirogohan.com/kurumaebisioyaki.html

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

車エビは健康食品!

車エビのレシピをご紹介する前に、車エビについてご紹介します。

 

●名前の由来

成長したクルマエビの体長は15~20cmほどですが、メスの中には30cmに達するものもいます。

 

体色は住む環境によって、茶系、青系、黒系と異なりますが、多くは淡い褐色の地色に、鮮明な茶褐色の太いしま模様があります。尾には鮮やかな青と黄色のしまが1本ずつ配されています。
お腹を丸めたときに、しま模様がちょうど車輪のように見えることからクルマエビという名がつきました。

出典 旬のを食べよう 旬食 http://shunmeshi.com/車エビ

 

背中を丸めた姿が写真のように見えるからだそうです!また、色は茶色・青・黒などいろいろあるようです。

 

●健康食品

・車エビに含んでいるアミノ酸は、お肌によいアミノ酸です!

 

・殻に含まれる、チキンという成分があるのですが、これはコレステロールを下げる働きがあるそうです!

 

・ビタミンEが豊富です!ビタミンEは抗酸化作用があるため、動脈硬化や心筋梗塞の予防になります!

 

・タウリンが豊富!タウリンは疲労回復・視力回復に加え、高血圧や心臓病にも効果あるそうです!

 

エビはなんとなく食べ過ぎるとよくないイメージがありますが、これであれば、旬の車エビを遠慮なく食べられますね!

 

 

塩焼きのレシピ

車エビはパエリアなどに乗っているものもありますが、旬の車エビを堪能するなら塩焼きが一番!

今回は塩焼きのレシピをご紹介します。

 

車エビの塩焼き

kurumaebisioyakiyoko

出典 白ごはん.com http://www.sirogohan.com/kurumaebisioyaki.html

<材料>

・車エビ ・・・ 適量

・塩 ・・・ 適量

・レモン ・・・ 適量

 

<作り方>

①皮付きの車えびを軽く洗い、まず串刺しにします。焼いたときの形を決めるものなのでざっくりでよいので刺しておきましょう。

 

②焼くのは、フライパンでもオーブンでもトースターでもOK!表面がこんがり焼き目がついてくる暗いがよいです。殻の隙間から火の通った白い身が見えてきたらOK!

 

③軽く塩を振り、盛り付け後にレモンを添えてお好みでかけて食べてみてください!

 

<ポイント>

・車エビを選ぶときは、しましまが新鮮なものを選ぶようにしましょう!

 

まとめ

・車エビの旬は6~8月

・新鮮な車エビを食べるなら塩焼きがおすすめ!

・車エビを選ぶときはしましまが新鮮なものを選ぶとよいです!

 

旬の車エビを是非食べてみてください!