「ブルームきゅうり」がなくなりつつある!美味しい品種の選び方

ブルームきゅうり

ブルームきゅうりという言葉を聞いて、どういうものか想像できますか?

もともと市場に出回っていたきゅうりは「ブルームきゅうり」と呼ばれるものだったのですが、見た目の問題や主婦の処理の問題で今は「ブルームレス」きゅうりが出回っているそうです。

 

そもそも、ブルームきゅうりとはどういうものなのでしょうか。

きゅうりは果実の表面につく白い粉の有無によって「ブルームきゅうり」と「ブルームレスきゅうり」に大きく分かれます。

 

ブルームきゅうりは、皮の表面にブルーム(果粉)と呼ばれる白い微少な粉をつけています。

この粉はもともときゅうりにあるもので、水分の蒸散を防ぎ、水をはじいて、果実を環境の変化から守る働きがあるといわれています。

農薬の付着と思う人もいるようですが、それは大変な誤解なのです。

出典 四季の野菜「きゅうり」 http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/kiuri.htm

 

スポンサードリンク

 

 

ブルームきゅうりとブルームレスきゅうり

ブルームきゅうりとブルームレスきゅうりの違いについてですが、見た目・味が異なります。

kyuuri03

出典 旬の食材百科 http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/kiuri.htm

 

<見た目>

ブルームきゅうり:ブルームがボツボツと生えていて、ところどころ白っぽくなっている

ブルームレスきゅうり:表面がツヤツヤしている

 

<味>

ブルームきゅうり:歯触りがよく、触感もよいきゅうり

ブルームレスきゅうり:きゅうりの皮が厚く、中が柔らかい

 

ブルームは、きゅうりの表面を雨などから守るやくわりがあるのですが、ブルームレスきゅうりはその役割を果たしているものがなくなっているので、

全体的に表面が硬く、中が柔らかいものが多いそうです。

 

私たちが一般的においしいと感じているもんはブルームきゅうりなので、品種の見直しに注目です。

 

美味しいきゅうりの選び方

夏と言えばきゅうり!お店できゅうりを選ぶときに、どのようなことに気を付けていますか?

ブルームきゅうりやブルームレスきゅうりなどの品種での違いはもちろんですが、

形によって味が変わってくるので、選び方をマスターしておいしい急を食べましょう!

 

kyu-ri23-a

 

くびれたり、尻太りのものではなく、太さが均一のものが良質とされています。

出典 四季の野菜「きゅうり」http://vegetable.alic.go.jp/panfu-siki/kyu-ri/

 

・くびれていない

・尻太ではなく、大きさが均一

 

これさえ守れば美味しいきゅうりが簡単に選べます!

是非一度お試しください!